メリットがたくさんあるシェアハウス経営|大注目の投資物件

不動産経営の注意点

計算

空室リスクの回避方法

家賃収入を得るためには、不動産経営の知識を得て運用していく必要があります。ただ色々なセミナーに参加したり本を読んで勉強をしたりする人は多くても、実際に購入するところにまで辿り着ける人は少ないでしょう。せっかく一歩踏み出す勇気を持って不動産を購入したにも関わらず、空室ばかりで夢見た家賃収入生活にはほど遠くなってしまった。そんな悲しいことにならないために「家賃保証」を利用してみましょう。家賃保証は、管理会社が管理物件を一括して借り上げ、入居者がいる部屋も空室の部屋も同じ家賃で計算し、毎月オーナーの皆さんにお金を振り込むというビジネスモデルです。空室だけでなく、入居者が家賃を未納している場合にも同様に入金されますので、滞納リスクも排除できます。

留意すべき点は

オーナーの一番の悩みの種である「空室リスク」を回避できる家賃保証ですが、利用する上でいくつか覚えておいた方が良いことがあります。まず、通常の管理費用よりも高い管理費用が設定されることです。通常の管理には、主に入居者の対応や集金代行、共用部分の修繕など、ごく一般的な管理業務が該当します。家賃保証をお願いすると、この管理費用も若干上乗せされることが多いです。大体の管理会社では管理費5%が多いですが、家賃保証も込みだと15%になるところもあったりします。また、数年ごとに家賃の見直しが行われるということです。これも管理会社によりますが、3年ごとに数%ずつ下がるなどの決まりがあります。便利な家賃保証ですがこういった点にも留意し、キャッシュフローを考える必要があります。